2019年07月09日

子供の本読み(宿題のやつ)

家の息子はまだ小学生なので、本読みという宿題がある。

チェックシートを親に渡し
・感情をこめて
・丸や点に気を付けて
・つまらずに読む
の項目を埋めなければならない。

良ければ◎
普通であれば〇
ダメだと△
という設定である。。。何故×がないのか不思議ではあるのだけど。

そして最後に
・親のサイン
をして終了なのである。


だから僕が子供の本読みを聞くときは、かなり厳しく査定する。
チェック項目の「句読点やつまらない」は当たり前なので、特に「感情」の部分を重視している。

感情が分かれば物語の背景や読解能力が向上するはずだ。
小説や漫画でもいいけど、これが欠落すると頭に物語が入らず、本当につまらない文字を追う作業になってしまうからだ。
細かくこの事柄を書くとかなり長くなるので省略。


声音も変えさせることはもちろんである。
性別や年齢の差は当然で、背景に見え隠れする身分や育った環境なども考慮に入れさせる。


長い文になると聴いているほうも飽きてしまうので、感情を重視するとただ流さず真面目に聞けるので互いにWinWinである。この言葉の使い方が正しいかどうかはさておき

何がどうなるかわからないので、将来のための演技指導も兼ねていたりもする。


今は学期末で、新しいページには行かず、以前読んだものの中から先生がチョイスしている。
だので、流石に聞き覚えがありすぎるため、どんなに感情がこもっていようと互いに飽きるので困る。


ということで、違和感だらけのキャラクター設定を加えることにした。
「カレーライス」という普通の家庭の日常を描いた作品ではあるこの物語に幅を設けるのだ。
これがまたやってみると面白い。
性格をより理解しやすくするために、子供が普段見ているアニメの中からチョイスすることが大事であると思う。

この設定は毎回変える。

今日は僕がPCで仕事中だったため、遺憾としがたく特に設定を考えずに読ませたのだけど
息子が冒頭の父のセリフに

「フハハッ」

とアドリブ的なものが偶発的に付いてしまったので、父親を高貴な貴族で平民を見下す感じのキャラクターで読ませた。

ただ残念なのが、小学生だけに登場人物の1人が限界である。
結局朗読に45分もの時間を費やしてしまったが、演技指導ややり取り、キャラクターのブレの修正などなかなかに面白かった。

動画に収めたかったくらいだ。


これはぜひ全国の親にお勧めしたい。

「何のため?」と言われるかもしれないけど
敢えて言うなら「念のため」だ。
 
posted by Shio at 17:53 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

急に何に目覚めたの?大丈夫か汐先。(国政編)

(アホなこと書いてるな程度に読んでください)


ということで、めっちゃ反感買いそうなのだけど、今後の日本の将来の一部について考えてみた。

高齢者福祉に力入れすぎない。
で、本気で人口減少を止めたいな。

 
まず
・一夫多妻制導入(所得による考慮)

・未婚による課税(やや事情考慮あり?なのかな?)
※ 将来的には27歳以上の未婚防止。国からの強制お見合い制度導入(お見合いは最低年一回受診。このお見合いで結婚しなくても10回まで可)。

・夫婦間の子供数による優遇処置
※ 最低2人。
3人だと減税と出産費、育児費支給、教育費を半分負担。
4人以上だと上記に加え、医療費や教育費を全面負担、減税、育児費支給、市県民税や年金などの一部納税の免除。
1人以下の場合、身体的、また年齢的な事情考慮をもとに措置を考えて課税対象。
養子を迎える場合、所得を考慮した上で今よりかなり水準を下げる。

・シングルマザーおよびファザーでも子供の人数に合わせ、減税、育児費支給、はもちろん子供もが高校卒業するまで教育費免除。

・また過疎地への移住は、移住費負担、生活費の一部支給や、空き家などを活用して住居費無料。田園部などなら畑支給。

などなど、そろそろ考えてもいいころなんじゃないのかな?

 
かなりこれでも未来を考えれば遅足で、後手後手策だと思う。
働き方改革だとかいう前に、働き手がいなくなる現実。
日本に日本人がいなくなる現実。

 
まぁ〜・・・目玉が飛び出るくらい絶対猛烈なバッシングは来るだろうけど気にしてる場合じゃないよね?
 
posted by Shio at 15:56 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

月が綺麗ですね

色々調べたけど豆知識として

夏目漱石が「I love you」を「月が綺麗ですね」と訳したとされていることは有名で、最近色んなドラマやアニメ、小説などに見受けられる。

これ有名になりすぎて、おいそれと女性に向かって「月が綺麗ですね」なんて言えなくなってしまいましたね。

たとえ夜空の月が本心から綺麗だからだとしても・・・
下手に困ったなw

漱石の本は何冊か読んだことあるけど、そういえばこの名台詞って何処に出てただろう?

と気になったので、漱石が和訳家として仕事していたこともあるので、どの原作の本を訳したのか気になったので調べた。


結果はこうだ

夏目漱石が英語教師をしてた時、生徒が “I love you.” を「我君ヲ愛ス」と訳した所、「日本人がそんな台詞を口にするか。『月が綺麗ですね』とでも訳しておけ。それで伝わるものだ」

出典されているものが戦後のものしか見つからないため、後世の創作という可能性が高いみたいだ。
 
 
うむ、なるほど。
下手に博識ぶってこれを引用するのはアホかもしれないので注意しよう。
 
posted by Shio at 18:26 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする