2015年02月24日

日本のテレビがどんどん馬鹿になってる気がする

今日、家族で何となく民放を見てたら
「ディスる」というネットスラングが使われていた。
当然の如く知らない人は分からないので
「これどういう意味?」と聞かれた。
ちょっと前に調べたのだけど・・・脳内に残ってなかった。
「う〜ん、蔑むとか、批判する的なもんやったと思う・・・」
まぁ、当たらずとも遠からじ、大胆そんな感じだ。

今調べたけど、大体合ってた。テヘペロ(*´┰`*)
disrespectを参照。


しかし実に下らない。そして意味もなく腹立たしい。
皆が観る民放で「ディスる」を平気で垂れ流す。
しかも意味を説明もせずにワイワイ盛り上がるそのさまは、情報弱者と馬鹿にしているかのようだ。
ネットではなく、TVショーとして放送するならば、正しい英語でもなく、流行りとして新しい和製語を使う場合は最低限の配慮するべきだし、もとい、日本語で完結するなら日本語でやるべきなのだ。


今でこそほとんどの人が曖昧にこそ知っている「NEET」などが良い例だ。しかしこれは海外産の輸入物の省略言葉である。
しかも、現在英単語としては死語で、日本以外では使われていないのだ。実に下らない。
意味も理解せずそこら中の人が間違えた使い方をしだす。
働く気のない者や、単なる失業者を「ニート」と呼んでいるのだ。
ただしくは
「教育を受けておらず、雇用されておらず、職業訓練も受けていない者」
その中には「たとえ働きたくても働くことができない人」を含むのである。敢えてもう一度言おう、NEETは今や世界的に死語である。

何をオブラートに包んでカッコを付けているのだろうか?
意味を理解して使ってこその知識ではないか!
「気の置けない仲」とは「仲の良いひと」であり「気を遣わずにいられる仲」なのである!
思わず気を置いてしまう「気を使ってしまう」人は疲れるのである!


意味のないピースサインに平和など来ないのだよ! ヤマトの諸君!!


子供に「これってどういう意味?」と毎回テストのように、理解できる分かりやすい言葉で回答を明確に示さねばならない親の身になれ!
これはこれで、自分自身も伝えることにより、知識が深くなるので悪い事ばかりではない・・・まぁ、いづれ教養の無さはバレてしまうものであるがね。エッヘン

とかなり脱線してしまったけど、こちらから飛び込むネットの世界と、無差別に垂れ流されるTV放送との区別をつけてほしいものである。
うむむ、それとも俺の頭が固くなってきたのかな?
 
posted by Shio at 02:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。