2015年02月24日

つれづれなるままにノープランで価値観について書いてみたが、火傷しそうになった。

ここのコーヒーが美味い。
あそこのケーキが美味い。
この本は面白い。
このスポーツは楽しい。
人それぞれ趣味嗜好があり価値観も違う。

だからどれが正解で間違いなんてものはない。

例えばメディアとして「バラエティー」が好きな人もいれば「ドラマ」が好きな人もいる。
フィクションである創作されたものが好みの人がいれば、ドキュメンタリーしか見ない人もいる。
単なる価値観の差である。

この場合「ニュース」は好きというのは場違いである。
ニュースは楽しく見るものではないし、心が躍ったり感動するものではない。

今話題となる知識を欲っしたり、今周りで何が起こっているのか知っておきたい、
世間と自分の間にある溝が広がらないよう、また取り残されないための生活の必需品である。
もちろんそんなもの必要ないと言い切る人もいるが、人としてコミュニケーションをとる場合、やはり最低限は必要だし、嫌がおうにも飛び込んできている。

ニュースの解説番組はどうかといえば、これは趣向品であるのだと思う。
その事件がなぜ起きたのか? 世界は何故戦争が起こっているのか?
そんな欲求を満たすための趣向品だからである。

ワイドショーがその最たるものだと思う。
芸能人のゴシップやファッション情報から食べ物の情報。
こちらが求めていない情報すら丁寧に提供してくれる。
グルメリポーターが「もう、美味しいとしか言いようがないですね」と褒めちぎり、オーナーに細かな秘訣を聞いたりする。

しかし思う、そういうものはこちら側で感じたり探すものではないだろうか?
確かに忙しい日本人。いちいち美味しい場所を見つける余裕すらないのはわかる。
深夜のショッピングチャンネルがテレビを買うと、今あるテレビを2万円で引き取ってくれる親切さだ。

実際にその場所へ行って、長蛇の列に並び貴重な時間を費やして「これ話題になったやつだよね。言ってた通りあの味が○○で、隠し味が○○で、とても美味しいね」とグルメリポーターが食べていたものをありがたく嬉しげにいただいている姿を見ると、眉を寄せてしまう。

なぜ食べるだけに何時間も並ばなければいけないのだろうか? まぁそこは趣味だからいいか・・・
しかしそんな番組で紹介されたお店もたまったものではないのではないだろうか?
売り上げが上がるのは嬉しいことだが、供給が追い付かなくなる。
「紹介されたことで繁盛をしたお店」が、自分が築き上げたものだと錯覚したものはブームが過ぎると潰れてしまう。
そのお店は、元々本当に美味しかったのだろうか?
話題だけがお店を追い越してしまってたんじゃないだろうか?
お洒落なだけの頻繁に変わるお店と同じで、本質がなかったのではないだろうか?

そもそも色んな情報に囚われ過ぎているのではないだろうか?
もしくはメディアを信用し過ぎているのではないだろうか?
まぁ、話題になったものは味わってみたいし、見てみたいし、やってみたい。

しかし本当のところ、ブームが過ぎてしまうといかに自分が間違っていたのか痛烈に踊らされていたと思い知らされる。
所詮、元々の趣味じゃないものを流行だからと言って手をだし、挙句の果てに捨てるのである。
本当に好きな人はブームの前から応援したり、通ったりしているし、その後も信念による行動だから曲げることはない。

右向け右の日本人と言われた通り、今も執着のなさは日本人独特の傾向だと思う。
信じる者は救われると神は言いたもうた。
しかし、信じ過ぎるものは足元をすくわれるのだ。
 
posted by Shio at 20:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。