2019年07月09日

急に何に目覚めたの?大丈夫か汐先。(国政編)

(アホなこと書いてるな程度に読んでください)


ということで、めっちゃ反感買いそうなのだけど、今後の日本の将来の一部について考えてみた。

高齢者福祉に力入れすぎない。
で、本気で人口減少を止めたいな。

 
まず
・一夫多妻制導入(所得による考慮)

・未婚による課税(やや事情考慮あり?なのかな?)
※ 将来的には27歳以上の未婚防止。国からの強制お見合い制度導入(お見合いは最低年一回受診。このお見合いで結婚しなくても10回まで可)。

・夫婦間の子供数による優遇処置
※ 最低2人。
3人だと減税と出産費、育児費支給、教育費を半分負担。
4人以上だと上記に加え、医療費や教育費を全面負担、減税、育児費支給、市県民税や年金などの一部納税の免除。
1人以下の場合、身体的、また年齢的な事情考慮をもとに措置を考えて課税対象。
養子を迎える場合、所得を考慮した上で今よりかなり水準を下げる。

・シングルマザーおよびファザーでも子供の人数に合わせ、減税、育児費支給、はもちろん子供もが高校卒業するまで教育費免除。

・また過疎地への移住は、移住費負担、生活費の一部支給や、空き家などを活用して住居費無料。田園部などなら畑支給。

などなど、そろそろ考えてもいいころなんじゃないのかな?

 
かなりこれでも未来を考えれば遅足で、後手後手策だと思う。
働き方改革だとかいう前に、働き手がいなくなる現実。
日本に日本人がいなくなる現実。

 
まぁ〜・・・目玉が飛び出るくらい絶対猛烈なバッシングは来るだろうけど気にしてる場合じゃないよね?
 
posted by Shio at 15:56 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。