2017年08月23日

日本語ってレイアウト難しいな。

外国の方向けに全て英語表記の名刺のご依頼で制作したのだけれど
レイアウトなど日本語より見やすい事に今更気づきました。

今まではどうやって漢字をかっこよく、見やすく作るか?
を考えていたのだけれど、英語はやっぱりシンプルだなぁ〜
 
posted by Shio at 12:00 | Comment(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

外来種問題についての違う観測点

昨今騒がれているけど、これも言わば昔からの自然の摂理な訳だ。

簡単な例を挙げると、アメリカ大陸に欧州人を放逐したら大繁殖、ついでに奴隷として黒人を輸出して大繁殖。
オーストラリアでも大繁殖。
ハワイでも大繁殖。

結果元々いたインディアン(しかも間違えて名付けられてるし)やサモア人などの民族が激減、保護区を設けられ保護指定までされる。

強い者が生き残る。そして環境に適応する。

こう書いていて何なんだけど、実に恐ろしいなぁ〜。
やっぱ、外来種は危険やわw
 
posted by Shio at 12:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

宝石の価値とは?

一般的に人は、特に女の人はダイアやサファイアなどの鉱石に価値を見出す。

希少価値という点であれば、さながら考古学者か地理学者、もしくは物理学者であるがように。

輝くものに価値を見出すというのならば、太陽を拝むのであろう。月を抱きしめたいであろう。
そして、星を身に付けたいであろう衝動をその鉱石に価値を見出しているのかも知れない。

その衝動原理とは何に起因するのであろうか?
自分を一つ上とは言わず、何倍もの価値としての存在として頂に立つためであろうか。
身に付けることのできない者への区切りとしての象徴なのだろうか?

ともあれ、人というのは男女の差こそあれ、顕示欲や差別欲、存在価値を示したがる者であるということは確かなことである。

でなければ、足で踏みしめているいつものように当たり前のような当たり前のように、単なる大地に埋もれている希少な鉱石に価値は見いだせはしないだろう。

何故なのだろうか?それはアイデンティティを見える形で表せる自意識や美意識、または差別の象徴なのだから。

などと、夜中にそれっぽくうそぶいてみる。
 
posted by Shio at 03:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする